秋の夕焼け。影写真のススメ

日が落ちる時間も早くなってきたな。と感じる季節。
秋らしい色味の「影写真」をご紹介したいと思います。

 

光と影は写真表現の基本。
影だけで表現する「顔が見えない写真」だからこそ、あたたかく伝わるものがあります。

 

今回は子供と遊びながら作る「影絵」の作品撮りといった写真と、
影ならではの余韻を表現する、ちょっとシュールな写真。
を紹介したいと思います。

 

子供の頃に「影絵」遊びましたよね!
足を長~くしてみたり!手で文字を作ってみたり・・・
親になった今、久しぶりに子供と一緒に影で遊んでみませんか?

 

影写真は太陽の光が真上ではなく横から入ってくる時間帯
夕方がチャンスです!

 

子供のとき、あえて考えた事は無かったとしても、恐らく、夕方に遊んでいたはずです。
強い西日の日は絶好の影日和。是非トライしてみてください。

 

「まずは、ハートでも・・・いかが?」

影のハート写真ってなんだかほっこり。幸せ気分になります。
フォトブックのページアクセントに使ったり、
お部屋に飾っても素敵だと思います!

 

しかし、ひさしぶりに作ってみると、形を整えるのは結構大変w
親子の共同作業ですね。

 

「影に向かって、ハイポーズ!」

影絵という遊びがあるからこそ、
せーの!ってポーズをとってもピースだけにはならないはず!
兄弟の個性が伝わる素敵な影写真。
丸太の上に乗っていることで、
なんだかトリックアートな部分も楽しいですね。

 

撮影しているママの手や影が入らないようにするには、
自分の影に隠すか、ギリギリまで手を伸ばして撮影すべしw

 

「何気ない夕方をアートに」

例えば、夕方お買い物帰りの一枚。
日常のひとコマも影で表現すると余韻たっぷりのアート写真に。
親子の思い出が詰まっています。

 

「影を使ってその時間を、季節を表現してみる」

日が暮れるまで公園から帰らない。
風も冷たくなってきたし早く帰ろう~!
って、そんなシチュエーションはこの季節に多々ありますよね。

 

そんな日には、急かすだけじゃなくママも夕日で影写真を楽しんでみては。

 

「日が暮れるまで遊んでた」
そんな日常も宝物です。

 

【Navigator】
Studio-navel(ネーブル)」 高田奈付子・野坂知子
日本の“マタニティヌードブーム”の火付け役となったスタジオ、「Studio-navel(ネーブル)」のオーナー&カメラマン。